大阪リアル不動産図鑑
トップページへ戻る
 
全ての外観近代建築ビンテージレトロ文化住宅近代建築ビンテージ文化住宅文化住宅  
名作住宅インダストリアルビルヂング  
一覧画面へ戻る
 
二見老松ビルディング (ID:417)
ふたみおいまつびるでぃんぐ
所在地 大阪市北区西天満45-16
用途
構造 鉄筋コンクリート造
地上階層 地上3 階
地下階層 地下0 階
延床面積 262.29
建物種別 テナントビル
建築年月 1968年5月8日
建築主
設計者

梅田にほど近く、古美術商が軒を並べ、隠れ家的飲食店が集積する原点のまち、老松町。未だに旧地名で呼ばれる事が多いことからもキャラの立った街であることがわかりますね。 そんな街の路地裏にあった小さなビルが全面リノベーションされて再生されました。元は高度成長期に元気な中小企業の寄宿舎として建てられたビルをスケルトンにして、緑あふれるテナントビルに。建具や建材もイギリスからアンティークを輸入しただけあって、とても雰囲気出ています。

空室情報 無し