大阪リアル不動産図鑑
トップページへ戻る
 
全ての外観近代建築ビンテージレトロ文化住宅近代建築ビンテージ文化住宅文化住宅  
名作住宅インダストリアルビルヂング  
一覧画面へ戻る
 
堂島永和ビルディング (ID:390)
どうじまえいわびるでぃんぐ
所在地 大阪市北区堂島2丁目2-22
用途
構造 鉄筋コンクリート造
地上階層 地上5 階
地下階層 地下- 階
延床面積
建物種別 テナントビル
建築年月 1960年
建築主 有限会社丸千
設計者

新築が1960年。吉村順三のNCRビルが1962年ということを考えればまさにカーテンウォール建築のプロトタイプと言える。梅田の地下街などに数店の飲食店を展開する丸千が自社ビルとして建築し、最上階にオフィスを構え、テナントビルとして運営されてきた。2011年夏にみんなの不動産によるリノベーションがなされ、空調やエントランス、共用部に加え、途中で増築されていた5階部分を一部減築し、屋上を復活させ、テナントビルとして再生された。空調は水冷式セントラル空調システムが、轟音とともに君臨していたが、空冷式個別システムに変更された。 北と西が公道に接する立地条件を生かし、カーテンウォール工法による大きな開口を誇り、貸室部分はすべて明るく開放的である。 エントランス上部の庇部分と5階の屋上に積極的に配したグリーンが育つとさらに優しい表情を放つようにリノベーション設計されている。屋上には入居者用のプランターも用意され、オーナーのみならず、利用者により育てられることが期待されている。

空室情報 お問合番号:10487

お問合番号をクリックすると詳しい情報を表示します。
 

北西からカーテンウォールの外観

エントランスホール

階段室と壁面塗り分けが特徴の共用廊下

202号室

屋上ガーデン