大阪リアル不動産図鑑
トップページへ戻る
 
全ての外観近代建築ビンテージレトロ文化住宅近代建築ビンテージ文化住宅文化住宅  
名作住宅インダストリアルビルヂング  
一覧画面へ戻る
 
安栄ビル (ID:332)
所在地 中央区南船場3-2-13
用途 テナントビル
構造 鉄筋コンクリート造一部木造
地上階層 地上3 階
地下階層
延床面積
建物種別 テナントビル
建築年月 1937(S12)
建築主
設計者

街中にひっそりと建つ安栄ビル。ファサードは2階部分までがクリーム色のタイル張りで、コンクリートの窓額縁に嵌め込まれた縦に連続する3つの突出し窓がとても洒落ている。 実はこのビルの奥には瓦葺の木造2階建てがつながって建っており、当時の近代化の影響が窺える。 内部は奥へと続くまっすぐな廊下に沿って木製のドアがズラ?っと並ぶ。 後に増築された3階部分を除き建物自体あまり手が加えられておらず、そのままの姿で残っている建物である。

空室情報 無し
 

【外観】

【すい込まれそう・・・】