大阪リアル不動産図鑑
トップページへ戻る
 
全ての外観近代建築ビンテージレトロ文化住宅近代建築ビンテージ文化住宅文化住宅  
名作住宅インダストリアルビルヂング  
一覧画面へ戻る
 
綿業会館 (ID:178)
めんぎょうかいかん
所在地 中央区備後町2-5-8
用途 会員制倶楽部
構造 SRC造
地上階層 地上7 階
地下階層 地下1 階
延床面積
建物種別 その他
建築年月 1931(S6)
建築主
設計者 渡辺節建築事務所

繊維の街として栄えた船場が誇る重要文化財。日本綿業の発展に役立ててほしいと遺言を残した東洋紡の岡常夫氏の寄付を元に、破格の予算を使って建てられた。外観はルネサンス風の控え目な表現だが、内部の豪華さは唸るほかない。設計者の渡辺節はコンセプトとして各部屋のデザイン様式をわざと変え、会員が好みによって部屋を使い分けられるように考えた。2階談話室のタイルタペストリーなど見どころは多い。月に一回、事前申込制の見学会が開かれている。

空室情報 お問合番号:10466

お問合番号をクリックすると詳しい情報を表示します。
 

【PHOTO:高岡伸一】

【PHOTO:高岡伸一】

【PHOTO:高岡伸一】