大阪リアル不動産図鑑
トップページへ戻る
 
全ての外観近代建築ビンテージレトロ文化住宅近代建築ビンテージ文化住宅文化住宅  
名作住宅インダストリアルビルヂング  
一覧画面へ戻る
 
青山ビル (ID:164)
あおやまびる
所在地 中央区伏見町2-2-6
用途 テナントビル
構造 RC造
地上階層 地上3+2増築 階
地下階層 地下1 階
延床面積
建物種別 テナントビル
建築年月 1921(T10)
建築主
設計者 大林組

野田家住宅 全面が蔦に覆われていて建物の特徴がわかりにくいが、よくみると玄関や窓廻りに装飾があり、スパニッシュスタイルの建築であることがわかる。元々は住宅として建てられたものだが、現在はテナントビルとして活用されている。1階の丸福珈琲店内部は元々食堂だった部分で、暖炉や天井の装飾など、当時の面影がよく残っている。ちなみに蔦はあの甲子園から株分けされたものだそうだ。

空室情報 お問合番号:10333
お問合番号:10462

お問合番号をクリックすると詳しい情報を表示します。
 

【PHOTO:高岡伸一】